物語の続きの一段上の段からの話などをします

主人公たちは、さらに、上に登ろうとします。この岩だらけの、ステージは、一段づつだけでなく、二段超えられるとこも、あります。そんなに、上と下の段に、差がない状態で、段になっていたりするとこも、中にはあります。平地にある、岩に輪を、ひっかけて登る手段もあります。その場合、身体半回転の状態で、上がったりするので、多少荒技では、あります。慣れてないキャラクターが、実行すると、失敗してしまう場合が、多いです。半回転とは、いわゆる扇とか、内輪の形状を、想像してみると、分りやすいのですが、その右か、もしくは、左のはじを、立ち位置として、考えてみると、岩に、専用のフックをひっかけてから、要するに、その右なら、左はじに移動で、立ち位置が、その左とするのなら、右に移動ということになります。真ん中辺りだと、足が、上を向いてる状態で、着地したときに、足が、地上に、ついている状態です。よほど運動神経の、優れたキャラクターでなければ、実行すべき手段では、ないとされています。岩に、専用のフックを巻き付けるというのは、異本的に、難しいとされています。